美白への近道|透き通った肌になることができる

レーザーで白い美肌に

フェイス

2種類のレーザー

年をとるにつれて、顔にはシミが生じやすくなります。そのため若いうちにシミができると、年をとっていないにもかかわらず、老けて見えるようになります。逆に言えば、たとえ年をとっていても、シミひとつない白い肌をしていると、若く見えるということです。そのため多くの人が、若く見せるために美容外科で美白治療を受けています。美容外科では、美白治療に主に2種類のレーザーが使われています。具体的には、高熱でシミを焼くことができるレーザーと、マイルドな熱で肌細胞を活性化させるレーザーです。前者の場合、焼かれたシミはかさぶたのような状態になり、数日ではがれ落ちていきます。後者の場合は、活性化した肌細胞が分裂によって増えていくことで、古い肌細胞が除去されていきます。これにより、シミが徐々に薄くなり、最終的には消えていくことになるのです。どちらの美白治療も、レーザーを照射するだけなので短時間で終わります。それでいてシミのない肌を手に入れることができるため、高い需要があります。

シワにも効果的

また、これらのレーザーによる美白治療には、シワを除去する効果もあります。シミは、肌表面の角質にメラニン色素が沈着することで生じるのですが、シワはその角質がひび割れることで生じます。そしてレーザーの照射によって、シミができている部分の角質がかさぶたとなって除去されれば、シワも一緒に除去されることになるのです。また、肌細胞の分裂によって新しい角質が作られれば、やはりひび割れている古い角質が排出されていくことになります。角質自体が除去されるわけですから、シミやシワに限らず、角質に生じている肌トラブルは全て解消されます。たとえば乾燥による肌のカサつきや、ニキビ跡なども、きれいに消えることになるのです。肌トラブルは、角質の深い部分で生じていることもありますが、その場合はレーザー治療を2度3度と繰り返し受けることで、徐々に解消されていきます。このように、レーザーによる美白治療によって、様々な美容効果を得ることができるのです。そのため美肌作りのために美白治療を受ける人というも、多くいます。