美白への近道|透き通った肌になることができる

肌の深い部分に生じたシミ

ボディ

シミができる原因

シミの原因となるメラニン色素は、肌が刺激を受けることで生成されます。そして肌は、紫外線を浴びることで刺激を受けます。日光を浴びるとシミができやすくなるのは、日光に紫外線が多く含まれているからなのです。そして肌は、ホルモンバランスが乱れることでも刺激を受けます。これによりやはり、メラニン色素が生成されてシミができます。しかし紫外線の影響を受けるのは肌表面なので、この場合のシミは、肌の浅い部分に生じます。ところがホルモンバランスの乱れ、つまり体の内部での問題が原因となっている場合には、メラニン色素も体の内部で作られます。つまりシミが、肌の深い部分で生じるということです。したがってこのタイプのシミは、肌表面に浸透するという美白化粧品では、除去することが困難となっています。美白成分が、メラニン色素まで届かないからです。そして除去するためには、美容外科で美白治療を受けることが必要となります。美白治療なら、肌の深い部分に干渉して、メラニン色素を除去することができるのです。

飲み薬や点滴で

美容外科での美白治療は、飲み薬の処方や点滴によっておこなわれます。飲み薬は、多くの場合はトラネキサム酸で作られたものとなっています。トラネキサム酸には、ホルモンバランスが乱れたという情報を、肌に伝えないようにする作用があります。そのため服用すると、たとえホルモンバランスが乱れていても、肌はそれに反応しなくなります。つまり刺激を受けなくなり、メラニン色素を生成しなくなるということです。既に生成されているメラニン色素に関しては、古くなるにつれて自然に体から排出されていきます。そのため新しくメラニン色素が生成されなくなれば、シミは消えていくことになるのです。また、点滴には高濃度のビタミンCやプラセンタが使われます。ビタミンCにもやはり、肌に刺激を与えないようにする力があります。さらにプラセンタには、古いメラニン色素の排出を促す力があるのです。そのためこれらを点滴で体内に注入することで、シミは徐々に薄くなっていくわけです。いずれの美白治療も、効果が出てくるまでに2〜3ヶ月ほどかかるので、続けることが大事となっています。